後期研修医募集

後期研修医募集について

社会福祉法人北海道社会事業協会帯広病院(帯広協会病院)は、平成27年度臨床研修医を下記のとおり募集いたします。

後期臨床研修医募集要項

募集要項

募集定員
各診療科 各1名
研修期間
各診療科 研修プログラムを参照
応募資格
初期臨床研修2年修了者及び予定者
選考方法
書類選考による面接
募集・選考日

・応募締切:平成29年1月31日
・面接日程:平成29年2月まで随時
・入職日:平成29年4月1日

応募書類
  1. 履歴書
  2. 医師免許証の写し
  3. 初期臨床研修修了証の写し(可能ならば評価表添付)
  4. 後期研修申込書(ダウンロード
待遇・賞与
  1. 身分
    当院正職員
  2. 給与
    当院給与規定による
  3. 社会保険等
    健康保険・厚生年金・雇用保険
  4. 住宅
    借上住宅(公宅料徴収)・賃貸物件斡旋(住宅料補助4万円)
  5. 宿日直
    3万円/回
  6. 有給休暇
    初年度16日(4月入職時)
    次年度20日、夏季休暇、特別休暇等
病院見学
個別に対応を致しますので、 一度見学にお越し下さい。(下記の連絡先にご紹介下さい)
連絡先・紹介先
帯広市東5条南9丁目2番地
研修管理委員会 
TEL:0155-22-6600(代表)
FAX:0155-24-7076
総務課(内線2101)
エントリーはこちらから

麻酔科募集 研修プログラム

研修内容
手術麻酔
麻酔科管理症例
年間平均実績 約1,500例
手術症例診療科
腹部外科・乳腺外科・整形外科・産婦人科
泌尿器科・耳鼻咽喉科・眼科・脳外科
研修期間
原則2年間(麻酔標榜医を取得まで指導)
(※参考)専門医取得
さらに2年間の研修が必要です。
札幌医大麻酔科、同大学関連病院で研修を行います。
研修担当責任者
佐藤 紀(麻酔科 主任部長)
手術
 

泌尿器科募集 研修プログラム

研修目的
札幌医科大学泌尿器科研修プログラムとタイアップして、日本泌尿器科学会専門医を取得するためのプログラムです。
研修内容
  • 泌尿器科学基礎
  • 泌尿器科診断学
  • 泌尿器科疾患(腫瘍学、先天異常、尿路結石症、尿路外傷、腎不全・腎移植、性機能異常、尿路性器感染症、神経泌尿器科疾患、女性泌尿器科)
  • 泌尿器科手術(開腹手術、経尿道的手術、体腔鏡手術)
研修方法
研修期間においては指導医監督のもと教育を受けることを原則とします。すなわち、指導医を責任者としたチームの一員として外来診療に従事し、指導医とともに主治医となって入院患者の診察にあたります。
  • 週1回以上のクリニカルラウンド
  • 週1回以上の症例検討会・画像カンファレンス
  • 月1回以上の抄読会・セミナーあるいは病理カンファレンス
  • 年1回以上の日本泌尿器科学会提供の教育プログラムへの参加
  • 年2回以上の泌尿器科関連学会参加
  • 4年間で4回以上の学会発表
  • 4年間で2編以上の論文作成
手術症例(当院)
泌尿器科専門医取得のための経験すべき手術症例:年間350-400例
研修期間
原則4年間(うち最低2年間は札幌医科大学泌尿器科での研修期間)
スタッフ
日本泌尿器科学会指導医  1名
日本泌尿器科学会専門医  2名
研修担当責任者
泌尿器科主任医長 井上隆太(日本泌尿器科学会専門医・指導医)
ウロ
 
 
 
 
このページの先頭へ