お知らせ

プロポーザル入札のお知らせ(社会福祉法人北海道社会事業協会帯広病院 防災センター及び施設営繕業務)

2019年2月14日

公募型プロポ-ザル方式による提案書の募集の実施

平成30年2月8日

社会福祉法人北海道社会事業協会帯広病院

院長 阿 部 厚 憲

 

次の通り、社会福祉法人北海道社会事業協会帯広病院防災センター及び施設営繕業務について、公募型プロポ-ザル方式による提案書を募集するので公示します。

1.公募型プロポ-ザルに付する事項

(1)業務名 

       社会福祉法人北海道社会事業協会帯広病院 防災センター・施設営繕業務

(2)業務内容

   防災センターの業務

   施設営繕の業務

(3)契約期間

   平成31年4月1日~平成33年3月31日

(4)履行場所

   北海道帯広市東5条南9丁目2番地

2.提案価格

      平成31年4月1日から平成33年3月31日まで(24ケ月)の額。

3.プロポ-ザルに参加する者に必要な資格並びに業務実施上の条件

  (1)当該業務における北海道の入札参加資格者名簿登録者(指名停止を除
    く)又は平成27・28・29年度全省統一競争入札参加資格「役務の提
    供」登録者(指名停止者を除く)及び院長が認めたもの。

  (2)北海道内に本社又は支店など営業拠点を持つもの。

  (3)警備業務を行う業者であり、必要な能力・知識を持った者により適切
    かつ円滑に当施設のそれぞれの業務遂行が実施できること。また、
    警備業務運用に関して、各種法令に基づく許可、認可、免許 等を必要
    とする場合において、これを受けていること。  

  (4)一般社団法人北海道警備業協会に加盟していること。

  (5)過去5年以内において、年間で病床数200床以上の一般病院を元請として
    1件以上契約していること。

  (6)参加申し込み日の過去2年間において、会社更生法に基づく更正手続の
    申立てがなされていない、または民事再生法に基づく再生手続の 申立
    て がなされていないこと。 

  (7)破産法に基づく破産の要件に該当していないこと。

  (8)手形交換所による取引停止処分を受けてから2年以上経過しない者、又
    は過去6か月以内に手形又は小切手の不渡りを出していないこと。     

  (9)関係法令に基づく行政処分を過去2年間官公庁から受けたことがないこ
    と。

(10)地方自治法施行令第167条の4の規定に該当しないこと。

(11)関係団体が賦課徴収する全ての税並びに消費税および地方消費税につい
    て未納がないこと。

(12)次に掲げる基準を満たす資格者を当該業務に配置出来ること。

   ・防災センターに勤務するものは、自衛消防業務講習の修了者とする
    こと。  
   ・業務管理責任者は、実務経験が2年以上ある者を常勤配置できること。    

4.参加申し込み等

  (1)申込期間 平成31年2月14日(木)10時 ~ 平成29年2月20日(水)16時

  (2)申込提出先 〒080-0805
          北海道帯広市東5条南9丁目2番地
          社会福祉法人北海道社会事業協会帯広病院
                    財務・管財課 岡部              

  (3)参加審査申請書は、別添のとおり

  (4)審査結果は後日通知する。

  (5)郵送による場合は、書留郵便とし平成31年2月20日(水)16時必着とす
    る。

03防災センター・施設営繕業務仕様書.docx(24.3KBytes)

04防災センター業務及び施設営繕業務プロポーザル実施要領.docx(29.5KBytes)

様式1~様式4、様式6~様式8、様式12(参加意向申出書、質問書).docx(25.7KBytes)

様式5、様式9~12(提案書).docx(21.8KBytes)

 

5.その他

  (1)保証金免除

  (2)その他詳細については、入札参加資格審査結果後に入札要綱書等を送付
    する。
                                                                                           以 上

このページの先頭へ