画像診断科

画像診断科について

画像診断科では、X線やy線などの放射線を使用し、人体から適切な画像情報の提供を行う部門です。
最近は放射線に限らず、磁場や超音波など医療画像全般に関わる部門です。
検査内容や放射線について疑問、質問がありましたら、お気軽にお問合わせください。

診察一覧

  • 一般撮影
    X線を使用し、胸の写真やおなかの写真、骨の写真などレントゲンと云われる検査です。
  • CT検査
    X線を使用し、体を輪切りにした写真を撮る検査です。
  • MRI検査
    X線は使用せず強力な磁場を使用してからだの輪切り像をとる検査です。
    >>詳しくはこちら
  • RI撮影
    放射線を出す薬品を注射して体から出てくる放射線を写真にする検査です。
    >>詳しくはこちら
  • TV室検査
    胃や大腸のバリウム検査や,胆管造影検査などを行います。
    >>詳しくはこちら
    >>胃バリウムについて
  • 乳房撮影検査
    乳房の写真(マンモグラフィー)を撮る検査です。
  • 血管造影検査
    血管にカテーテルを挿入して色々な血管を造影したり、血管内治療を行う検査です。

一般撮影

一般撮影検査とはX線写真(レントゲン写真)のことです。胸の写真を撮影したり、骨の写真を撮影したりその種類はたくさんです。

CT検査

CT(Computed Tomography)とは、コンピューター断層写真といい、人体を輪切りにしたときの画像を写真にする検査です。

TOSHIBA製、Aquilion/64DAS

当院ではTOSHIBA製、Aquilion/64DASを導入しています。
このCTは、広範囲な撮影領域をもち、短時間、高分解能な画像を提供することができます。
また、冠動脈CTAや脳血管CTAなども撮影可能です。

血管造影検査

血管造影検査とは

足の付け根や腕(肘、手首)の動脈または静脈に針を刺し、そこからカテーテルという細い管を入れて目的とする血管まで持っていき、そのカテーテルの先から造影剤を注入して 撮影する検査です。

専門医がおこないますので安心して 検査をお受けいただけます。また、検査だけではなく血管内治療もおこなわれます。

TOSHIAB製 INFX-8000C FPD(フラットパネルディテクター)搭載

当院ではTOSHIAB製 INFX-8000C FPD(フラットパネルディテクター)搭載を導入しており、広範囲な視野で高画質、また、従来より患者さんおよび術者の被ばく低減を図ることができます。

乳房撮影検査

心血管はもちろん,頭腹部の診断・治療を支援するためDSA撮影も標準搭載。回転撮影や下肢などの長尺DSAも撮影可能です。

現在、乳がんは女性のがん罹患率(がんの発生率)第1位を占めます。乳がんは他のがんに比べ30代という比較的若い年齢層からも発症しやすいという特徴があります。

乳がんの死亡率は年々上昇傾向にあり、昭和40年代当初に比べ4倍以上になっています。乳がんは早期発見・早期治療により予後が大きく変わってきます。マンモグラフィ検査は乳がんの早期発見に必要不可欠な検査です。

このページの先頭へ