TV室検査【画像診断科】

TV室検査について

TV室検査とはリアルタイムに体内を透かしてみることのできる検査です。X線透視といいます。

主な検査

当院のX線TV室では、バリウムを使った消化管検査を始め、大腸内視鏡検査や各種造影検査を行います。。
これらの検査で使用されるX線TV装置にはDR(デジタルラジオグラフィー)装置を採用しています。
DR装置の特徴は撮影した画像を撮影直後にモニタで確認することや、その画像を加工することができ、診療に有用な情報を引き出すことができます。

第1・2TV室 FPD(フラットパネルディテクター)

一般的なX線透視装置です。
大体の検査はこちらのお部屋でおこなっています。
この機械は最新鋭の装置で、直接変換型フラットパネルディテクターを搭載しています。特徴は、従来の装置より広い視野で、細かい変化を描出することができます。

>>健診センター

このページの先頭へ