耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科について

耳鼻咽喉科では、みみ・はな・のど・くび・くち・かお、について扱い、主な疾患、症状には以下のものがあります。

担当医師紹介 

宮田 遼
-医長-
専門分野 耳鼻咽喉科全般
資格等 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医

診療対象

  • みみ(中耳炎・難聴・めまい等)
    耳には音を聞く働きと、体のバランスを保つ働きがあります。耳が痛い、聞こえが悪い、の他にめまいがする場合も耳の病気が原因のことがあります。また、難聴の患者さんには補聴器の相談も受けています。
  • はな(アレルギー性鼻炎・花粉症・慢性副鼻腔炎(蓄のう症)・鼻茸・嗅覚障害)
    くしゃみ、鼻水、鼻づまり、においがしない、などの症状があります。
  • のど(扁桃炎・扁桃肥大・声帯ポリープ・いびき・睡眠時無呼吸・異物・のどの腫瘍)
    のどが痛い、声がかすれる、飲み込みずらい、息がしずらい、呼吸が止まる、などの症状があります。また、魚の骨をのどに刺した、食道にものがつまった、などの異物も耳鼻咽喉科で扱います。扁桃炎が皮膚の病気(特にしょうせき膿庖症)などの原因となっている場合(病巣性扁桃炎)もあります。
  • くび(唾液腺炎・リンパ節炎・頚部嚢胞・腫瘍性疾患)
    くびの腫れには、リンパ節炎、唾液腺炎など炎症性疾患と耳下腺、甲状腺などの腫瘍、のどの腫瘍によるリンパ節の腫れなどがあります。
  • くち(口内炎・舌炎・味覚障害・舌腫瘍)
    口の中の痛み,しみる,味がわからないなどの症状、くちのなか、舌の腫瘍など口の中で歯以外の症状は耳鼻咽喉科で扱います
  • かお(顔面神経麻痺)
    顔面神経はみみの中を通り抜けてくる神経でその麻痺(顔が曲る)は耳鼻咽喉科で扱います。
    耳鼻科画像② 

手術について

みみ

  • 鼓膜チューブ挿入術
    主に小児のくり返す中耳炎、滲出性中耳炎に対し、薬による治療では落ち着かない時に行います。年長児では外来で可能ですが、幼小児は全身麻酔が必要なことがあります。当院では麻酔科との協力で鼓膜チューブ挿入術に関しては日帰り(外来)で行っています。
  • 鼓室形成術
    中耳炎の炎症をおさえて耳だれを止めたい、きこえを改善したい、という時におこなう手術です。通常10日間程度の入院が必要です。
  • 鼓膜形成術
    鼓膜にあいた穴を塞ぐ手術です。外来でおこなうものから10日間程度の入院を要するものまでいくつかの方法があります。
    耳鼻科 中耳炎

はな

  • 鼻副鼻腔内視鏡手術
    副鼻腔炎(蓄のう症)に対しておこなう手術で内視鏡を用い鼻の中から行います。
  • アデノイド切除術
    主に、小児で鼻づまり、いびき、睡眠時無呼吸の原因の一つとなるのがアデノイド増殖症です。鼻の奥の方に存在するのこのアデノイドを口側から切除する手術です。
    入院は3日間ですが、扁桃摘出術と同時に行うことがあり、その時は、約1週間の入院が必要です。


のど

  • 扁桃摘出術
    扁桃炎をくり返す場合、いびきや睡眠時無呼吸がある場合に行う手術です。小児ではアデノイド切除術を同時に行うことがあります。約1週間の入院です。
  • 声帯ポリープ切除術
    声帯ポリープにより声がかすれる時に行う手術です。3日間の入院になります。

耳鼻科 主要手術 (2016年5月~2017年3月)

耳鼻科
手術名合計
アテノイド切除術 9件
鼓室形成手術 2件
鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 53件
鼓膜切開術 202件
鼻腔粘膜焼灼術 40件
鼻中隔矯正術 6件
内視鏡下鼻・副鼻腔手術 10件
口蓋扁桃手術 21件
中咽頭腫瘍摘出術 3件
喉頭腫瘍摘出術 3件
合計349件

>>過去の手術件数を見る

外来診療表(※水曜日は休診となります。)

 

 
午前 宮田 宮田 休診 宮田 宮田 出張医
午後 宮田 休診 休診 休診 休診 休診
備考

■第2・第4土曜日休診
※水曜日 :⇒全休診 
※午後診療 ⇒ 月曜日のみ

このページの先頭へ