呼吸器内科

呼吸器内科について

呼吸器内科では、気管支喘息、風邪や急性気管支炎、肺炎などの気道感染症、肺癌、肺気腫、びまん性肺疾患など呼吸器に発生する様々な疾患の診断と治療を行っております。
長期間咳が続いて収まらない、血の混じった痰が出る、息苦しさを感じるなどの症状は呼吸器疾患の重要なサインですので、放置することなく早期に診察を受けられることをお薦めいたします。

呼吸器内科 非常勤医師による診療体制について

呼吸器内科は札幌医科大学第3内科から常勤医師派遣により診療を維持してきましたが、平成25年3月末をもちまして、大学自体の医師不足の影響もあり常勤医師派遣が困難な状況になりました。平成25年4月以降は、毎週2回(火曜日・金曜日の午前)「完全予約制」により非常勤医師の診療体制となりました。
(但し、重篤な症状の場合は他院に紹介をすることになります。)

地域の皆様にはご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、諸事情をお察し頂きますと共に、今後とも、呼吸器内科の診療体制確保し、常勤医師体制で再開できるように病院として鋭意努力をしてまいりますので、何とぞご理解とご協力をお願い致します。

平成25年4月1日
病院長

担当医師紹介

出張医専門分野 -
資格 -

診療対象

  • 気管支喘息
  • 風邪・急性気管支炎・肺炎などの気道感染症
  • 肺癌
  • 肺気腫
  • びまん性肺疾患など

外来診察表

 
午前 休診 出張医 休診 休診 出張医 休診
午後 休診 休診 休診 休診 休診 休診
備考

■毎日午後休診 
■第2・第4土曜日休診
新患者は「完全紹介制」及び再来患者は「完全予約制」とさせていただきますのでご了承ください。

☆出張医による診察となります☆

【土曜日の内科外来受診について】
入院や精査(二次健診も含む)が必要な患者様につきましては対応が出来ませんのでご理解とご協力をお願い致します。

このページの先頭へ