言語聴覚療法部門【リハビリ科】

言語聴覚療法(Speech and Hearing Therapy:ST)とは

言語聴覚療法とは、様々な怪我及び疾患によって音声機能・言語機能・または聴覚に障害のある者について、その機能の維持向上を図る為に、言語訓練やその他の訓練、これに必要な検査及び助言・指導その他の援助を行うことです。
簡単にすると、言葉や聴覚、飲み込みに障害を持つ人のリハビリを手助けするということです。

当院における言語聴覚療法業務

当院での言語聴覚療法は、脳血管障害後の言語障害(失語症、構音障害)や、様々な疾患による摂食・嚥下障害の方が主な対象となっています。

安静によって生じる『廃用症候群』は、内科・外科疾患を問わず生じる可能性があります。

特に高齢者は、絶食期間があると、顔面・頚部・口腔器官の能力が低下して、「物を食べられない」「むせてしまう」「肺炎を起こしてしまう」という悪循環を起こしやすく、アプローチが必要です。

単に、口の運動だけではなく、食べやすい食物形態について給食科と相談して形態の工夫をしてもらったり、看護部と協力して介助方法を提案したりもしています。

また、コミュニケーションや摂食の方法について、ご本人やご家族に助言・指導を行なうなどの支援も行なってます。

食事の時間には病棟に出向きます。食事介助をしたり摂取状況を見ながら、食べ方や食物形態が適切かどうかの検討を行います。病棟スタッフと協力し、安全に食事を継続していけるよう努めています。

このページの先頭へ