理学療法部門【リハビリ科】

理学療法部門【リハビリ科】

理学療法(Physical Therapy:PT)とは

理学療法とは身体に障害のある人々や、障害の発生が予想される人々に対し、その基本動作能力(座る、立つ、歩く)の回復や維持、及び障害の悪化の予防のために、右の図にあるような、日常生活動作訓練、運動療法、電気治療、温熱療法、水治療法、マッサージなど、様々な療法を組み合わせて行います。

当院における理学療法業務

  • 整形外科疾患では外傷(骨折、靭帯損傷、脱臼 など)、五十肩、腰痛、膝関節痛、に対し、関節可動域運動、筋力増強運動、体操療法などを行い日常生活の自立、社会生活、スポーツ活動への復帰を促します。

    • スポーツ外来:平成21年度より開設。常勤の専門医と理学療法士とともに診断、治療をしています。札幌医科大学院在籍のPTが常勤となった ため、手術の段階から関与しており、患者数も増加しています。
      整形外科疾患では外傷(骨折、靭帯損傷、脱臼 など)、五十肩、腰痛、膝関節痛、に対し、関節可動域運動、筋力増強運動、体操療法などを行い日常生活の自立、社会生活、スポーツ活動への復帰を促します。

  • 中枢神経疾患の代表である脳卒中では、発症直後から麻痺した手足の機能回復を図るために、関節運動・離床練習をスタートし、麻痺の回復促進・バランス練習・起居動作練習・歩行練習などにより、日常生活の獲得と社会復帰を目指します。

  • 内科的治療や、外科的治療後に安静期間が長く廃用症候群に至った方に対しても、前述の理学療法を実施し、寝たきりからの脱出を図っています。

  • 在宅復帰に向けての活動としては、家屋改修の相談・福祉用具の選定・補装具や車椅子の採型などを退院前に実施したり、ソーシャルワーカーやケアマネージャーなど他の関係者と相談しながら、在宅生活でも健康に過ごして頂けるような提案をしております。

このページの先頭へ