作業療法部門【リハビリ科】

作業療法(occupational therapy:OT)とは

様々な作業を通じて心身機能の回復をサポート

身体が不自由な人や精神に障害のある人を様々な作業を通じて治療、訓練し、社会復帰ができるように手助けするのが、作業療法士です。

 

作業療法士は、医師から処方せんを受けとり、患者の症状に合わせたプログラムを作成する。そして、木工、革細工、陶芸、手芸、絵画、書道、レクリエーションなどの作業を通じて、訓練、指導を行い、患者が日常生活をスムーズに送れるように心身機能の回復を図ります。

 

理学療法との違いは、理学療法が歩行など基本動作の回復に重点を置いているのに対し、作業療法は応用的動作や社会的適応能力を引き出すことを目的としている点です。

当院における作業療法業務

整形外科の患者さんが大半で、その他、脳血管障害や内科疾患の患者さんへの関わりも行っています。いずれの患者さんの場合も、怪我や病気により日常生活や仕事に不便が生じてしまっている状態から、運動療法や作業活動を通じで、その人らしい生活を取り戻せるように関わります。

 

また、必要があれば日常生活を手助けする道具(自助具)の提案や、住宅における福祉用具や家屋状況に対する助言なども行っています。

 

こういった作業療法の特性から、整形外科の患者さんの中でも、主に上肢や手指に障害を抱えた患者さんを対象とし、上肢では骨折・外傷後の機能回復、五十肩などの蓄積障害に対する治療、手指では手の外科分野に対するハンドセラピーやスプリント両方を行っています。

 

脳血管障害の患者さんに対しては、運動麻痺や感覚障害への治療はもちろんのことですが、作業療法の専門性としては、高次脳機能障害や認知症の患者さんへの評価・治療も行っています。
内科疾患の患者さんに対しては、廃用症候群の予防や運動機能の改善など、疾患の特徴や個人の全身状態に合わせながら運動療法を中心に関わっています。


 
このページの先頭へ