臨床工学科

臨床工学科について

臨床工学室は病院の地下1階にあります。
臨床工学技士が常駐する場所ですが、その中で仕事をするよりも、色んな場所に出かけて行って仕事をすることが多いです。
生命維持管理装置に携わることをはじめ、さまざまな分野で活躍しています。

臨床工学技士①

臨床工学技士って知っていますか?

病院の中には医師・看護師の他に、CT・MRIなど扱う 診療放射線技師、血液・細菌・心電図などの検査を行う 臨床検査技師、リハビリテーションを行う 理学療法士 等が働いております。

臨床工学技士も病院で働く医療技術者ですよ。

この病院では、透析室での仕事が多いですが、重症の病気の場合などには、病室にいって透析を行う事も有ります。

また、心臓カテーテル検査も医師・看護師・放射線技師とチームワークで行っています。
この病院では行いませんが、心臓の手術の時の人工心肺・補助循環装置また、高気圧酸素治療装置なども私たちの仕事です。

あと、病院には高度な医療機器がたくさんあり、日頃より保守・点検をしていないと命にかかわるので臨床工学技士が携わっています。
病院全部の医療機器を見るのは困難なので、今は、輸液ポンプ・シリンジポンプ・呼吸器等の機器を中央管理システム方式で行っています。
医師以外の診療補助に従事する看護師や各種の医療技術者のことを、コメデカルと呼びます。
臨床工学技士もコメデカルの一員です。他の職種と共に病気の治療に関わります。

 臨床工学技士②               臨床工学技士③

このページの先頭へ