臨床検査料

臨床検査科について

臨床検査科の主な業務は、血液や尿など、患者様から採取された材料を検体として検査を行う「検体検査」と、心電図や超音波検査など、患者様の体の状態を直接検査する「生理検査」の2種類に分けられます。これらの検査結果は、医師が患者様を診断する上でとても重要なデータです。

臨床検査科では、常に新しい技術を取り入れ、更に最新の機械を導入する事で、結果報告までの時間を可能な限り短くし、そして検査結果の精度向上のために日夜努力をしております。

検査の内容について

このページの先頭へ