院長挨拶

帯広協会病院は、北海道に十分な医療機関が存在しなかった時代、十勝、帯広の住民に必要な医療を提供する目的で設立された病院です。時代とともに、役割は大きく変わってきています。今、当院の役割は

1) 地域住民に必要とされる、最適な医療を提供すること
2) この地で生まれ、最後の時まで安心して生活できる福祉サービスを提供する
3)次世代の医療を担う人材を育てること

この3つを掲げております。

医療

早急に治療が必要な患者さんに、最適な医療を提供いたします。当院には全ての診療科が揃っているわけではありません。時には周辺医療機関と連携して、治療を行います。出産から成長、老年期に至るまで色々な疾患のスペシャリストを擁している急性期医療機関です。

福祉

病院での診療のみならず、自宅復帰できるまで、時には十分な介護が受けられる施設などに入所できるまで、一度託された信頼に答えるべく医療機関として責任を果たします。医療費を賄うことが困難で、必要な医療を受けられない患者さんにも、低額、もしくは無料で医療を提供する事も当院の使命です。

教育

次世代の医療者を育成するために大学を卒業したばかりの研修医、医療系技術者には臨床研修を、看護師を目指す学生には臨床実習を行っています。さらに皆様からの様々なニーズに応えるために、多くのスペシャリストが当院で働いています。医療技術者はもちろんのこと、事務職員、医療秘書、介護福祉士、看護助手、調理員、清掃員に至るまでです。皆病院で働く為に特別な研修、訓練を受けてきた方々で、一般事業所で働くのとは異なります。病院で働く為にはそれなりの知識や技術が要求されますので、それぞれの専門家を育成するのも当院の使命と考えております。

丁度いい

患者さんと医療者との絶妙な距離感、過不足ない医療を提供すること、当院はそんな丁度いい病院を目指しています。患者さん、家族の方々から求められる病院であり続ける事、職員からもここで働きたいと思ってもらえる病院であり続ける事、そんな病院を創り上げる為に、皆様からの応援、ご支援を頂きますようお願い申し上げます。

2019年1月 院長 阿部厚憲

ページの先頭へもどる